FC2ブログ
ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  お知らせ  »  京都産業大学DAY in 仙台

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都産業大学DAY in 仙台

936144_132321820303068_232721927_n.jpg
6月2日に
「京都産業大学DAY in 仙台」が開催されました。
京都産業大学DAYでは、東北初めての開催とのことでした。 

秋田からは私、佐藤総務担当、大場氏の三人が
前日の1日から仙台に乗り込み、参加いたしました。

大学側からは
藤岡一郎学長はじめ
小林一彦教授(日本文化研究所所長)
村瀬 篤教授(理学部長)
他職員の方々が多数いらっしゃっておりました

仙台市での開催でしたので
地元宮城県在住の卒業生13名
そして山形市からも1名参加されてました。
また、在校生の保護者も多数参加されてました。

プログラムは
・藤岡学長のご挨拶
・小林教授の公開講座 テーマ「王朝人あこがれの東北」
 (公開講座には一般市民の方々が50名程聴講に来られてました)
・卒業生の集い(学長を囲んで)
・交流会(立食にて卒業生・保護者・母校関係者)


一番印象に残ったことは
学長のご挨拶の中で、よく耳にはしてましたが改めて

京都産業大学では「産業」
学歌の歌詞にもあるように、「むすびわざ」としている。
英訳では一般的な産業の意味はインダストリー【industry】だが

「むすびわざ」
をしいて英訳すれば
イノベーション【 innovation 】と答えているとのことでした。

また、グローバルな学生を育てたい、世界規模でなくても
ローカルにおいても活躍できる学生を育てたいとのお話でした。
それをグローカルと言う造語で表したのが印象的でした。

色んな交流とお話を伺い
懇親できて大変有意義な日でした。

機会があればまた参加したいと思いました。

スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

京都産業大学同窓会秋田県支部

Author:京都産業大学同窓会秋田県支部
秋田県支部は、秋田県出身、または在住する京都産業大学に在籍していた方々の地域支部です。

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。